読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

標準出力

新しいもの、変わらないこと 自分の頭を通して考えてみました (stdout)

導入

FreeBSDで導入してみた
xampp on Ubuntu しか使えない弱情な自分ですがなんとかログインまではできました


まず、コンパイル

cd /usr/port/databases/phpmyadmin/
make config-recursive
make install

すると、/usr/local/www/phpMyAdmin に配置されます。
当然普通の環境では、ここは、ドキュメントルート外なのでapacheのAliasを設定します。
httpd.confで

etc/apache22/Includes/*.conf

となっているので、etc/apache22/Includes/phpmyadmin.confを作成して以下を記入。

Alias /phpmyadmin "/usr/local/www/phpMyAdmin"


Options none

Order Allow,Deny
Allow from all


さらに、phpMyAdminのディレクトリ以下をapacheのプロセスがアクセス可能にパーミションを適宜設定しておく。
そして、ディレクトリへアクセスした場合にindex.phpを処理するように httpd.confにindex.phpを追加


   DirectoryIndex index.html index.php


このindex.phpの追加に気づくまで、半日、http://localhost/phpmyadmin/にアクセスして403ステータスが帰って来るを繰り返してた。。。。(汗

あとは、設定を反映させるためにサーバーのプロセスを再実行

/usr/local/etc/rc.d/apache22 restart

そして、自分がエイリアスを設定したURLにアクセスしてログイン画面が表示されればOK!

しかし、ログインしてみると下記のようにあるのでまだ設定が足りない感じ

phpMyAdmin 環境保管領域が完全に設定されていないため、いくつかの拡張機能が無効になっています。理由についてはこちらをご覧ください。