読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

標準出力

新しいもの、変わらないこと 自分の頭を通して考えてみました (stdout)

Windowsの環境変数の取得

%OS% や %PATH% 等の環境変数を取得するには、そのままの名前の「GetEnvironmentVariable」関数を使います。



procedure TForm2.Button1Click(Sender: TObject);
var
 env : String;
begin
  env := GetEnvironmentVariable('NUMBER_OF_PROCESSORS');
  showMessage(env);
    env := GetEnvironmentVariable('APPDATA');
  showMessage(env);
end;

なお、コマンドプロンプト環境変数を表示するには、setコマンドを使います。(UNIXで言うところのechoコマンド)

> set APPDATA

現在定義されているすべての環境変数を表示するには、setコマンド単独で実行します(ここがechoコマンドとは違う)。

参考サイト
http://northaraba.blog17.fc2.com/blog-entry-310.html

http://www.geocities.jp/asumaroyuumaro/program/tips/GetEnvironmentVariable.html

http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/20100001/20101116.html