読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

標準出力

新しいもの、変わらないこと 自分の頭を通して考えてみました (stdout)

Guest Additions のインストール

Guest Additionsインストールの前にカーネルのソースが必要になるのでDLしておく

wget ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/9.1-RELEASE/srx.txz

tar xvfJ src.txz

mv ./usr/src/* /usr/src/

続いて Guest Additionsのインストール

cd /usr/ports/emulators/virtualbox-ose-additions/
make config-recursive
make
make install
make clean

次にxorg.confを編集するが自分は、まだxorg.confがなかったのでとりあえず、/etc/rc.conf の3行をコメントアウトしてX Serverが起動時に走らないようにしてリブート。

#hald_enable="YES"
#dbus_enable="YES"
#slim_enable="YES"

 リブート、再ログイン後
su
Xorg -configure

これで xorg.confのサンプル(xorg.conf.new)が/root に出力されている。
そして、次のセクションを適宜追加する。



Section "Device"
        ### Available Driver options are:-
        ### Values: : integer, : float, : "True"/"False",
        ### : "String", : "
Hz/kHz/MHz"
        ### [arg]: arg optional
        Identifier "Card0"
        Driver "vboxvideo"
        VendorName "InnoTek Systemberatung GmbH"
        BoardName "VirtualBox Graphics Adapter"
        BusID "PCI:0:2:0"
EndSection

同様に次のセクションも


Section "InputDevice"
        Identifier "Mouse0"
        Driver "vboxmouse"
EndSection

さらに、下記の内容の/usr/local/etc/hal/fdi/policy/90-vboxguest.fdi を作成。




 
   
     

        input
        input.mouse
        vboxmouse
        /dev/vboxguest
     

   
 



以上ができたら /etc/rc.conf の先ほどコメントアウトした3行をコメントを外して有効にしてリブート
これで Guest Additions のインストールは、完了


hald_enable="YES"
dbus_enable="YES"
slim_enable="YES"





参考サイト https://wiki.freebsd.org/VirtualBox