読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

標準出力

新しいもの、変わらないこと 自分の頭を通して考えてみました (stdout)

SELinux 無効化後のカーネルパニック

SELinuxを無効化後に再起動したら 




上記のように「  Kernel panic – not syncing: Attempted to kill init!」カーネルパニックをおこした。

グーグル先生に聞くと同じようなミスを犯す人が多いみたいですぐに解決策が分かった。

とりあえずPCを再起動させて「Booting CentOS .以下略」と表示中に間髪入れずに「Enter」keyを押下する。


するとGrub のメニューが表示されるので


「e」キーを押下して、起動リストを表示させる。


2番目のCentOSカーネルをハイライトして再び「e」キーを押下する。そして、起動オプション「enforcing=0」を追記する。



追記したら「Enter」キーを押下して保存して元のページに戻り、「b」キーを押下して起動オプションを加えたコマンドで起動する。


起動後は、毎回この作業をせずに済むように /etc/grub.conf に先ほどと同様に「encorcing=0」オプションを追記しておく。